garetto_de_rowa_2
garetto_de_rowa_2
garetto_de_rowa_2
garetto_de_rowa_2
garetto_de_rowa_2
garetto_de_rowa_2
商品番号:garetto_de_rowa_2

【店舗受取】ガレット・デ・ロワ <1月27日(土)・28日(日)> 好評につき期間限定再販!

  • ※ご注意 : 実店舗でも受け付けておりますので、予約個数を超えてしまうことがございます。まれに予約が受けられないこともございますので、ご了承下さいませ。
ガレット・デ・ロワ 受取日
ガレット・デ・ロワ 受取店舗・受取時間帯
只今お取扱い出来ません
【商品について】 ガレット・デ・ロワは、フランス発祥の美味しくて、楽しいお菓子です。年明けに家族や友人と切り分けて食べ、新年の幸せを祈るフランスの伝統菓子。折り重なったサクサクのパイの中には、香ばしいアーモンドクリームがたっぷり。シンプルなお菓子なので、素材を厳選しており、鮮度の良いものだけを使っています。
通常はフェーブという陶器のおもちゃが隠されていますが、誤飲の心配があるので別添えにしています。その代わりにアーモンドを忍ばせています。アーモンドが入っていた人が、フェーブと王冠を獲得!このワクワクをぜひお楽しみください。
※こちらの商品は店舗受取になりますので、ご注意ください。
※キャンセルはできません。ご了承ください。
【サイズ】 直径15cm。
【賞味期限】 3日間。
【原材料】 小麦粉(フランス産)、フランスAOP発酵バター、アーモンド、砂糖、塩、白ワインビネガー
【アレルギー表示】 小麦、乳製品、卵を含む
【保存方法】 開封前は常温保存いただけます。 直射日光、高温多湿は避けて涼しい場所で保存ください。 開封後はお早めにお召し上がりください。
【付属品】 王冠(紙製)、フェーヴ(陶器) 全てメイドイン・フランス
こちらは【店舗受取】の商品ページです。
配送希望の方はこちらのページからご注文をお願いします。
年末年始はたくさんのお客様に「ガレットデロワ」をお買い求めいただきまして、ありがとうございました。好評につき、今月最終の土日(1月27日と28日)に販売いたします!ご予約をお待ちしております。
お渡し期間は1月27日(土)と1月28日(日)の2日間限定!
受取店舗は、吉田店・県央店のどちらかをお選びください。営業時間はホームページでご確認ください。
ガレットデロワとは?
年明けに食べると幸福に!フランス発祥の楽しくて
おいしい焼き菓子です。
フランスでは、年が明けると一斉にお菓子屋さんとパン屋さんに並びます。家族や友人が集まると、みんなで切り分けて食べ、新年の幸せを祈ります。パイの中に詰まっているのはアーモンドクリーム。そしてフェーヴ(陶器のおもちゃ)が隠されています。しかし、それは誤飲の心配があるので、アンジュのガレットデロワは通常の仕様とは少し違います。陶器のおもちゃは別添えにして、その代わりにパイの中には「アーモンド」を忍ばせています。アーモンドが入っていた人が、フェーヴと王冠を獲得!ワクワクしますね♫
ガレットデロワのこだわり
中はバターたっぷり、はらはらサクサクしたパイは
アンベルセ折り(逆折り)。
ガレットデロワは材料がシンプルなので、素材は厳選しており、鮮度の良いものだけを使っています。
さらに、アンジュのガレットデロワは、パイの折り方にもこだわっています。アンジュでは、「アンベルセ折り(逆折り)」でガレットデロワを作っています。アンベルセとは、「逆さまにした」という意味で、生地でバターを包んでいく普通のパイ生地とは逆に、バターで生地を包んでいくやり方です。そうすることで口溶けがとてもよくなり、生地の浮き上がりも良いパイが出来上がります。
ひとつひとつ手作業で切り込みを。
見た目も美しい仕上がりに。
ガレットデロワは焼く前に、表面に切り込み作業を行います。アンジュでは、全て手作業で、ひとつひとつに切り込みを入れています。ナイフで切り込みを入れていくのですが、刃を深く入れすぎてしまうと、下の生地が外側にでてしまいますし、逆に刃が浅いと、焼き上がった時に全く模様が入っていない…ということになってしまいます。簡単に見えて実はとても難しく、職人技が必要になります。職人の技術を生かした仕上がりは、とても美しく食欲をそそります。贈り物にもぴったりです。
フェーヴと王冠が揃ってこそ、
ガレットデロワなのです。
ガレットデロワを初めて見た時、よくあるパイの焼き菓子では?と思った方もいらっしゃると思います。
実はパイに、「フェーヴ」と「王冠」が付いたものをガレットデロワと呼ぶのです。パイを切り分けて、自分のピースにフェーヴが入っていた人が、王様・女王様となり、紙の王冠をかぶるという慣習があるため、ホールサイズのパイには、必ず、紙の王冠がついています。アンジュは、この「フェーヴ」と「王冠」にもこだわっています。フランスの伝統をそのまま提供したい想いから、フェーヴと王冠はフランスから輸入しています。フェーヴは毎年変わるので、コレクションするお客さまもいらっしゃいます。
細部までこだわったアンジュのガレットデロワで、ぜひハッピーな新年を過ごしていただきたいです。

こちらは【店舗受取】の商品ページです。
配送希望の方はこちらのページからご注文をお願いします。
年末年始はたくさんのお客様に「ガレットデロワ」をお買い求めいただきまして、ありがとうございました。好評につき、今月最終の土日(1月27日と28日)に販売いたします!ご予約をお待ちしております。
お渡し期間は1月27日(土)と1月28日(日)の2日間限定!
受取店舗は、吉田店・県央店のどちらかをお選びください。営業時間はホームページでご確認ください。
ガレットデロワとは?
年明けに食べると幸福に!フランス発祥の楽しくて
おいしい焼き菓子です。
フランスでは、年が明けると一斉にお菓子屋さんとパン屋さんに並びます。家族や友人が集まると、みんなで切り分けて食べ、新年の幸せを祈ります。パイの中に詰まっているのはアーモンドクリーム。そしてフェーヴ(陶器のおもちゃ)が隠されています。しかし、それは誤飲の心配があるので、アンジュのガレットデロワは通常の仕様とは少し違います。陶器のおもちゃは別添えにして、その代わりにパイの中には「アーモンド」を忍ばせています。アーモンドが入っていた人が、フェーヴと王冠を獲得!ワクワクしますね♫
ガレットデロワのこだわり
中はバターたっぷり、はらはらサクサクしたパイは
アンベルセ折り(逆折り)。
ガレットデロワは材料がシンプルなので、素材は厳選しており、鮮度の良いものだけを使っています。
さらに、アンジュのガレットデロワは、パイの折り方にもこだわっています。アンジュでは、「アンベルセ折り(逆折り)」でガレットデロワを作っています。アンベルセとは、「逆さまにした」という意味で、生地でバターを包んでいく普通のパイ生地とは逆に、バターで生地を包んでいくやり方です。そうすることで口溶けがとてもよくなり、生地の浮き上がりも良いパイが出来上がります。
ひとつひとつ手作業で切り込みを。
見た目も美しい仕上がりに。
ガレットデロワは焼く前に、表面に切り込み作業を行います。アンジュでは、全て手作業で、ひとつひとつに切り込みを入れています。ナイフで切り込みを入れていくのですが、刃を深く入れすぎてしまうと、下の生地が外側にでてしまいますし、逆に刃が浅いと、焼き上がった時に全く模様が入っていない…ということになってしまいます。簡単に見えて実はとても難しく、職人技が必要になります。職人の技術を生かした仕上がりは、とても美しく食欲をそそります。贈り物にもぴったりです。
フェーヴと王冠が揃ってこそ、
ガレットデロワなのです。
ガレットデロワを初めて見た時、よくあるパイの焼き菓子では?と思った方もいらっしゃると思います。
実はパイに、「フェーヴ」と「王冠」が付いたものをガレットデロワと呼ぶのです。パイを切り分けて、自分のピースにフェーヴが入っていた人が、王様・女王様となり、紙の王冠をかぶるという慣習があるため、ホールサイズのパイには、必ず、紙の王冠がついています。アンジュは、この「フェーヴ」と「王冠」にもこだわっています。フランスの伝統をそのまま提供したい想いから、フェーヴと王冠はフランスから輸入しています。フェーヴは毎年変わるので、コレクションするお客さまもいらっしゃいます。
細部までこだわったアンジュのガレットデロワで、ぜひハッピーな新年を過ごしていただきたいです。